Buy time!

三愛化成商事株式会社はエチレン・コントロール株式会社アメリカ合衆国カリフォルニア州の全面的支援を得て承認された日本市場における唯一の総輸入販売代理店であり、エチレン・コントロールは当社の商標です。

アメリカでの主な納入先
・アメリカ海軍艦艇
・アメリカ陸軍、空軍の食料倉庫
・シーランドの食品輸送船
・マークス・ラインの食品輸送船
・ヒルトン・ホテル・グループ
・デル・モンテ
・サンキスト
・チキータ・バナナ
・ドール・フレッシュ・フルーツ
・スマ・フルーツ
・ボニタ・バナナ
・ウォル・マート・スーパーマーケット
・スーパー・バリュー・マーケット
・ロイアル・カリブ・クルーズ・ライン
・サン・パシフィック・シッパーズ
・その他 多数
米国産 鮮度保持剤 エチレン・コントロール 野菜、果物、生花等農産物の長期間鮮度保持剤

”エチレン・コントロール”はアメリカで特許取得済みのパープル・パワー・ペレットという紫色の粒状のものです。このペレットはアメリカ農務省、主要なアメリカ農業委員会からその使用を承認されている唯一のものです。

カリフォルニア大学では数社のエチレンを制御する製品がテストされました。そしてエチレン・コントロール社の製品だけがエチレンガスを効果的に除去できる、という結論に達しました。

”エチレン・コントロール”は現在市場に出回っている他社品より50〜75%以上のはるかに高い効力があるMSDS/製品安全データ商品であることが最大のポイントであり世界シェア95%の当社の独占的USAパテント品であります。

農産物の収穫直後から消費者に至るまで、全ての流通段階でお役に立ちます。

・収穫後出荷までの貯蔵中の鮮度を保ちます
・輸送中の鮮度劣化を防ぎます
・小売店で新鮮な商品を販売できます
・家庭の冷蔵庫でより長く保存できます

エチレン・コントロールの鮮度の持続効果を農産物を使用して一般品と比較実験
GET FLASH PLAYER
エチレン・コントロール使用効果を見るにはFlash Playerが必要です。


カリフォルニア大学の研究で
以下の事が
↓↓ 明らかになりました!! ↓↓
たとえ、僅かな量のエチレンガスでも、収穫後の農作物に悪影響を与えます。調査結果によると、産地から消費地に至る各流通過程で、エチレンガス濃度がわずか0.005ppmという微量でも流通量全体の25〜46%が取り返しのつかない損害を被る恐れがあります。このように、エチレンガス濃度で安全なレベルというものはありえません。」

大学の研究によると、収穫後の寿命に有害な影響を及ぼすことのないであろう安全なレベルでのエチレンガスの濃度というものはあり得ない、と言われています。

一般的に流通センターの貯蔵室では、完熟農産物とそうでないものが混ざった状態になっています。このためエチレンガスによる収穫後の損失は25−30%にも達すると予想されます。

◆ 農産物の成熟、老化を促すエチレンガス ◆

フルーツ、野菜、生花は収穫後も呼吸をしており、ある種のガスを排出していますが、代表的なものがエチレンガスです。
このガスは農産物の成熟、老化を促す働きがあります。したがって、これらの農産物は自らが排出したエチレンガスで自らの寿命を短くしているということになります。
そこで、収穫から消費までの間の貯蔵、輸送、販売のいずれの段階においてもエチレンガスをコントロールすることが出来たとしたら、商品の寿命を格段に延ばすことができ、驚くほど長期間の保存が可能になります。
現在の通常の鮮度保持方法である冷蔵庫での保存や湿気を与えるなどでは、腐敗を遅らせることは出来ますが、有害なエチレンガスの発生を食い止めることは出来ません
たとえ、このガスの影響を避けることが出来るとしても、莫大な設備投資が必要となります。
エチレンガスの影響についてはこちら >>

◆ エチレンガスをコントロールする製品 ◆

エチレンガスを手軽に、かつもっとも効果的にコントロールする方法としてご紹介するのが、エチレン・コントロール社の製品 『エチレン・コントロール』です。
これは、アメリカで特許取得済みのパープル・パワー・ペレットという紫色の粒状のものです。
このペレットは、アメリカ農務省主要なアメリカ農業委員会からその使用を承認されている唯一のものです。
成分は天然ゼオライトとわずかな量の過マンガン酸カリウムで、エチレンガスを酸化させ無害なものに変換します。
一方、役割を終えたパワー・ペレットは無害な二酸化マンガンになります。
エチレン・コントロール製品についてはこちら >>
エチレン・コントロールの使用効果についてはこちら >>

PageTop
エチレン・コントロール
エチレン・コントロール製品
エチレンガスの影響
エチレン・コントロールの使用効果
パートナー企業の紹介
エチレン・トピックス
お問い合わせ